「TUMI なんちゃってG4.4」<アウトレット専用モデル>」

国外で現在も販売を継続して居るG4.4のモデルに付いて、最近質問が有りましたので少し触れて置きます


「並行輸入のG4.4モデルは本物でしょうか?海外TUMIアウトレット店販売のアウトレット専売モデルでしょうか?」と言う質問が有りました、厳密に言うと発売当時のオリジナルのG4.4とは確かに違う別物なのです、TUMIのアウトレット店で販売して居るので製品自体が偽物とは言わないがオリジナルのG4.4とは違う物と考えます、復刻版に良く有るパターンで現行のALPHAのパーツを流用し作られたG4.4の革を被って居ますが細部のパーツはALPHAからの流用と言う事です。

我々の感覚から見ると米国ではALPHAの販売を開始しても、G4.4の製造、販売を継続し続けて居ると言う感じに捉えて居るでしょうが、正確に表現するなら、ALPHA販売開始と共にG4.4言う新しいアウトレットモデルの製造、販売をスタートさせたと言った方が適切かも知れませんが、見方を変えればオリジナルのG4.4と全く同じ物を販売するなら現行品のALPHAの存在価値を失う事は明白です、そこでG4.4のダウングレード版(廉価版)を供給と成った言う所なのでしょう、確かにジッパーやショルダーストラップはダウングレードで現行ALPHAの物を使用して居りますが、FXT(ナイロン生地)ナパレザー(革)は現行品と違いオリジナルに近い素材も使用しておりこれで「なんちゃってG4.4」が出来て居るのが現実です。(アウトレット専売モデル)

この「なんちゃってG4.4」は日本国内のTUMIショップでの販売は無いがサポートは受けられる、個人的感想から言えば「なんちゃってG4.4」は所詮なんちゃってであって、オリジナルの「G4.4に勝る物無し」と言う所でしょうか?

残念な事にもう新品のオリジナルG4.4を入手しようとしても日本国内直系ショップのデットストックも、もう無いしオークションサイトでも見る限りオリジナルのG4.4は非常に少なく、なんちゃってがG4.4としてその大多数を占めて居りオリジナルを探すのは非常に困難です。

一番簡単な見分け方は、ジッパーのタブですオリジナルの物は厚みも重量感もALPHAとは全く違いこれで見分ける事が出来ます(一部のTUMIのオリジナルG4.4の中には黒の物も有ります*一番最後の画像のリミテッドエディションのタブ)、
画像    ←「オリジナルG4.4」
画像 「なんちゃってG4.4」→

もし機会が有れば中古でもオリジナルのG4.4を入手されて見る事を強くお勧めします、素材の良さはすぐに判ります、ジッパーの滑りの滑らかさやコンパート内のPCを保護する緩衝材や縫製の丁寧さは使ってみないとわかりません。

しかしなんちゃってG4.4もTUMIと言う切り口で見ればこれは「真正品」ですからなんちゃってG4.4と言う事を理解した上で現行ALPHAの高級版との理解で購入するのなら何ら問題は無いでしょう、しかしオリジナルのG4.4のつもりで購入するとちょっとがっかりするかもねっ。
画像
    「G4.4のリミテッドエディション」<2007だったかな?>

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック