「旅好き!」「携帯好き!」「TUMIも好き!」

アクセスカウンタ

zoom RSS TUMI リミテッドエディション(Limited Edition#26141LE6) D4」

<<   作成日時 : 2012/10/22 14:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



「TUMI Limited Edition#26141LE6 D4」

偶然・突然ちょっとした事からリミテッドエデション2006モデル#26141LE6 D4の非常に程度良い中古品を入手出来ました、すでに2006モデルの#26108LE6 D4は持って居るのですがこの#26141LE6 D4は#26141D4ベースですが#26141LE6 D4は2コンパート仕様でべ−スモデルの#26141とは構造的には同一仕様ながら細部はリミテッド専売仕様と成って居る、各パーツはオリジナルのG4仕様で現行のALPHAとはケタ違いにクオリティーが高いと言える。

画像



又リミテッドエディション2006モデルはまだリミテッドエディションの販売が2年に一度と言うサイクルでの販売でした、2006モデルを最後のオリジナルのG4.4モデルであり2008モデルから味を占めたTUMI Japanが毎年発売と言う希少性を捨てALPHAと言うモデルの登場でグレードを捨ててしまっただけに、真の意味で最後の真にTUMIらしいリミテッドエディションと成ってしまったモデルでした。

画像


その後その希少価値を失った単なる異端モデルのリミテッドエディションは以前の様に売れずにショップにも大分長い間、在庫を残すと言う悲惨な結末を辿り26141LE6 D4はG4のリミテッドエディションの最終モデルと成ってしまいました。

画像


部分的(ポケットの下部やジッパー部分)にナパレザーを使用したFXTとの珍しく貴重なMIXモデルで通常のFXTオンリーのモデルより格段に高級感、存在感が有り、ジッパーのタブも先の写真の通り黒く着色されており、この着色も単なるペイントによる塗りでは無く、表面をメッキの様に科学処理されて剥げるにくい蒸着、リミテッドモデルのテーマカラーの赤(極初期には黒&シルバーのリミテッドエディショも存在した)のラインがバック前面にも一本デザインされておりファスナーを開けなくとも前面から見ただけで通常のオリジナルモデルとは明らかに違う事は一目瞭然で有ると共に多くの人が集まるイベント会場やホテルのクロークで沢山のTUMIや類似したバックの中から素早く自分のバックを見つけ出しピックアップ出来ると言うメリットも有り。
画像




その上リミテッドエディションは全くの「カブリ」知らずで、この東京の街中でも行き会った事は無く、更にはTUMI初心者の中にリミテッドエディションの存在すら知らない人も居るぐらいです、図らずもそのリミテッドエディション2006モデルの#26141LE6 D4&#26108LE6 D4の2種が揃い踏みと言う、なんとも嬉しい状況と成ったと言う事です。

画像



こちらの#26141G4.4のモデルにもGlobal Limited Editionの赤ラインの入った派手めのショルダーストラップと別注の赤いIDタグを付けた特別仕様にしたいと考えて居りま〜す。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TUMI リミテッドエディション(Limited Edition#26141LE6) D4」 「旅好き!」「携帯好き!」「TUMIも好き!」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる